MENU

えっ?!今する? もう少し待っても良かったかな  iPhone13へ機種変更した

URLをコピーする
URLをコピーしました!

AppleのiPhoneが2008年(日本発売の年)に発売されて早14年、年々進化を遂げ続け2022年の14年目の9月にはiPhone14が発売される情報も噂されてます。初めてガラケーからiPhoneに変えた時の感動と衝撃は今でも忘れられない!なんせ画面タッチで操作が出来ること、携帯そのものの機能全てが目新しく寝ずに操作していたそんな記憶があります。

iPhone(アイフォーン)は、Appleスマートフォン第1世代2007年1月9日に発表され、同年6月29日アメリカ合衆国で販売が開始された。「通信キャリア」とのシームレスな通話をも可能にしたこと、当初はアプリケーションも自社限定であり機能は多くなかったが、GPSも内蔵していたことで話題になった。現行の最新モデルであるiPhone 13 / 13 miniiPhone 13 Pro / 13 Pro Maxは、2021年9月14日(日本時間15日)に発表された。 引用元 Wikipedia

今使用しているiPhoneは11Pro このiPhone11から「Pro」というシリーズが仲間入りし、カメラレンズは計3つ 広角レンズに望遠レンズ、それと超広角レンズが搭載された機種で色んな意味でちょっと話題になった また、暗い場所で撮影するためのNight modeは暗闇で撮影しても綺麗に写すことができる優れもの

そんなiPhoneユーザーとして、今回は後数ヶ月で14が発売されるのではという時期に思わずiPhone13へ機種変更、思わずと言うよりAppleの策略にまんまと乗せられたと言ってもいいかもしれない、何気に相方と見ていたインスタの広告で5月31日までの申込みがお得!その後24ヶ月以降の機種変更で何なに。。。とそんな宣伝文句に2人して気がついた時には機種変更の申込みをしていた 苦笑 

キャリアもSoftBankからYモバイルへ変更して1年が過ぎ、携帯本体も支払済なことも後押ししてかすんなり購入!先週20日に手元に届いたわけですが何回買ってもワクワク感が半端ない!一旦は次に出るだろうiPhone14のことは忘れて新しくきた13を堪能することにしよう。

iPhone13の際立つポテンシャルと言えば何と言ってもカメラの性能、iPhone12は使ったことはないですが、それより更に進化している様子、広角カメラの手ぶれ補正に望遠レンズは3倍ズーム(iPhone12は2.5倍ズーム)に加えマクロ撮影とマクロビデオ撮影が出来る新機能が搭載、もう使っている方はわかってる内容ですが、1世代超えて購入した自分にとっては画期的すぎ!! 

データの移行も簡単でicloudからではなく、本体同士で移行してくらるからあっという間に移行完了後はSIMを入れ替えれば終わりですが、カバーとフィルムがまだ届かないのと、下取りプログラムの返信キットが届くまで11を最後の別れを惜しみながら使ってます。早く来ないかなぁ〜待ち遠しい

下取りプログラムは5月31日までの特別価格でiPhone13を手に入れることができるプログラム、36回の分割払いと下取りでiPhone13が実質1,450円/月から購入できちゃう!それと24ヶ月目に新しいiPhoneにアップグレードすると残額の支払いが不要になるシステムです。

今度は24ヶ月後の更新で15もしくは16?に変更かな、その前に使いこなせるかですね。 では後ほど〜  

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こんにちは^^
    携帯電話の進歩は凄まじい勢いですね
    pikaoは携帯歴20数年ですが…未だにガラケーです
    スマホは仕事上で使ったりする時がありますがホントに便利ですね
    ar147sereさんは時代に遅れずドンドンできて羨ましいです(*^0^*)~♪

    • ミーハーなんです…(^_^;)
      若い世代が周りに多いので、使いこなせなくても変えるみたいな感じです。
      進化は目まぐるしいですね、ただ、便利になるけど何か忘れてる様な感覚になる時もあります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください