MENU

京都に行くなら夏より冬だ!嵐山温泉 渡月亭 Vol.2

URLをコピーする
URLをコピーしました!

渡月亭の割烹料理に舌鼓、温泉はひのきの香りで癒され最高!! お酒が好きな方には格別なBath timeを過ごせるかも!

渡月亭

旅の目的地となる渡月亭は、「山手、川辺、豆腐と湯葉」の3つの館からなり、それぞれ嵐山駅から温泉宿街を歩いて15分程の場所にあります。渡月橋が近くにある温泉宿で雰囲気もよく観光散策するにもうってつけの場所、今回お邪魔したのは、「山手の館 秀山閣」入り口が可愛らしい 宿の女将さん達もとても丁寧で入って早々安心感に包まれます。

客間

私たちが宿泊した部屋は、和室で縁側には小さなテーブルと椅子があり、ゆったりくつろげるthe宿といった雰囲気の部屋、普段洋間で過ごすことが多く、畳の部屋がとても新鮮で落ち着く、地下には「川辺の館 碧川閣」と行き来できる通路もありちょっとした探検気分が味わえる(たぶん自分だけ) また別棟の「豆腐と湯葉の館 松風閣」は渡月橋を始め嵐山の景色が一望できる作りになっているそう(今度はそこに泊まりたい!)

内風呂

部屋の雰囲気に和みながらもう一つの楽しみひのき風呂へ、扉を開けた瞬間ひのきの香りで一気にリラックス、湯船につかれば「いや〜疲れが癒されます」の一言に尽きます。筋肉痛や神経痛、疲労回復などに適しているとの事で、1日歩き通した疲れが和らぐ感じ。。ん〜堪りません!いつでも入れるのが内風呂の良いところ、食事後は日本酒と共にゆっくりつかりたい

料理

今日1番の楽しみにしている料理、旬の食材を季節に応じてコースで出してくれ見た目も艶やか、「おしながき」を見ながら出てくる料理と答え合わせしながら楽しくいただけます。今回は冬の味覚をお腹いっぱい堪能!どれも手のこんだ一品で和食好きな私たちには最高の時間です。

料理は絶妙なタイミングで運ばれ、しばし舌鼓をうちながら幸せな時間 あまり飲めないアルコールもついつい進む〜 こんな時は日本酒が合いますね(ビールが飲めないので。。) ちなみの相方は結構飲んでご機嫌さん

湯葉のお吸い物は絶品、ひとくち汁をすすると湯葉の香りが口いっぱいに広がり、喉をとおる瞬間、身体の中に染み渡る感じがほっとさせてくれる。旬の野菜の煮物はタケノコの香りと風味がいい、煮汁も出汁がでていて美味しかった〜身体も心も温まる、最後にお釜で炊いた白米と味噌汁にお漬物、お腹いっぱいと言いながらしっかり完食

食後は少し温泉街へ温泉とお酒でほてった身体を覚ましに散歩に出かけたのですが、酔っていた事もあり写真を撮ること忘れてた。。 散歩のあとはやっぱり風呂!内風呂でゆったり飲みなおして縁側でくつろぎ、床につくと同時に爆睡だったようです  明日は2日目 嵐山散策と帰路に着く電車の車窓からまさかの!!などなど書き綴ります。 では後ほど〜

小型家電回収
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください