MENU

絶景の眺め!! 織田信長 天下統一の本拠地 「難攻不落の城」 岐阜城へ 

URLをコピーする
URLをコピーしました!

大阪から東海へ転勤してはや2年が過ぎ、最近週末の楽しみでもあるお城巡りで岐阜城へ、この岐阜城は難攻不落の城としても知られ『美濃を制すものは天下を制す』と言われてます。

https://amzn.to/3uJaFo6 明日までAmazonプライムデー お得に手に入れるチャンスです!

岐阜城は、かつて稲葉山城と称し、戦国時代には、斎藤道三公の居城でもあったところです。特に岐阜城の名を天下に示したのは、永禄10年(1567年)(一説に永禄7年)8月、不世出の英傑織田信長公がこの城を攻略し、この地方一帯を平定するとともに、地名も「井の口」を「岐阜」と改称し、天下統一の本拠地としてからでした。現在の城は昭和31年7月、岐阜城再建期成同盟によって復興されたものです。城内は史料展示室、楼上は展望台として多くの人に親しまれています。 また、金華山一帯は平成23年(2011年)に「岐阜城跡」として国史跡に指定されています。岐阜城は現在築城されている城郭のうちでは、有数の高さ(標高329メートル)にあり、最上階からは、眼下に鵜飼で有名な清流長良川が市内を貫流し、東には恵那山、木曽御岳山が雄大な姿を見せ、北には乗鞍、日本アルプスが連なっています。また西には伊吹、養老、鈴鹿の山系が連なり、南には濃尾の大平野が豊かに開け、木曽の流れが悠然と伊勢湾に注いでいるさまを一望におさめることができます。   引用元 岐阜県ホームページより

岐阜城は金華山の頂上(標高329m)の場所に位置し、天守閣まで行くには「金華山ロープウェイ」を使います。また、天然林が9割以上を占め野生動物や野鳥が多く生息していることもあり、山頂まで30分から1時間の登山を楽しむことも出来る所です。

ロープウェー料金 片道大人630円・小人300円  往復大人1100円 小人550円 

ロープウェイを降りたすぐ隣にはリス園があり、餌を直接あげたり写真を撮ったりとリスと触れ合えるところがあり子供さんに大人気の場所のようです。※私たちは入りませんでしたが自撮りする方が多く見えました。

岐阜城に入るまで少し登らないといけませんが、森林浴しながらの道中は気持ちがいい! 途中からくり画を見つけて記念にパシャ!いい感じの絵面も楽しめます。ただ、雲行きが怪しく雷が鳴ってきました。

現在の岐阜城は1956年に鉄筋コンクリートを用い再建されて復興天守で、お城の中は資料館になっており、天守までさまざまな歴史を見てまわれます。

また、標高が高いので見晴は最高!と言いたいところですが、突然の雷雨に見舞われてしまいました。でも雨雲の動きと、やんでから霧の発生など普段見ることの出来ない自然を体感

倍速でお送りしています!

お城からの景色もさることながら、初めての経験と自然の凄さを体感した日になりました。次は浜松城に行こうと考えてます。では後ほど〜

小型家電回収
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください